渋谷の歯科の目立ちにくい矯正

渋谷の歯科で行う矯正には目立ちにくいタイプもあって、一般的に表側と裏側、マウスピースがあります。

中でも裏側矯正は器具を装着するブラケットが歯の裏側についたもので、他の方法と比べて価格や動かす幅、付け心地などで劣っているとされてました。最近では、表側と同じく動きやすくなっています。歯の裏側に装置があると舌がブラケットにあたるので、舌で装置を押して矯正の作用を防ぐことが少なく、裏側にした方が虫歯や歯周病のリスクも少ないです。

渋谷の歯科の裏側矯正は、口をぶつけた時も口許を切るなどの危険も少ないですが、軽減はされていてもこれまでのデメリットはあります。これまでより少なくなりましたが、食べる時や歯磨き、発音で違和感があることもあり費用も他と比べて高めです。裏側矯正は器具の装着方法が表側と違い、ブラケットを裏に直接付けるのが難しいです。

そこで歯形をとってから模型を作り、それに合わせて装置を作成して口の中へ装着します。医師だけでなく技工士の協力も必須です。渋谷の歯科ではマウスピース矯正もあって、ほぼ透明のマウスピースを装着します。メリットは快適性で着脱が任意で食事や歯磨きでも手間がかかりません。

ただ、動かせる範囲はブラケットを使うタイプと比べて制限がありマウスピース矯正にしかできない分野もあります。最後の細かい調整だとマウスピースの方が向いていて、最近は守備範囲も広げられていて抜歯による治療も可能になってきてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *