歯周病治療の基本はプラークコントロール

歯周病治療を行う際に重要になってくるのは、いかにプラークコントロールをうまく行うかということになってきます。

このプラークコントロールとは、歯ブラシやデンタルフロスなどを用いて、プラークと呼ばれる歯垢をつけないようにコントロールしていくことを言います。歯周病の原因はプラークなので、プラークを上手に取り除くことができなければ、歯周病治療を行ったとしても、再び歯周病が進行してしまうことになってしまいます。逆に言えば、プラークコントロールさえしっかりできていれば、歯周病治療のほとんどは成功しているといってもよいでしょう。

そこで、プラークコントロールのために何をするのかというと、まず正しい歯磨きの方法でブラッシングをするということが大事になってきます。プラークは食事をしていれば、必ずついてしまうものです。ですから、毎日歯磨きをするということが非常に大事になってきます。

中には、歯磨きの方法がうまくいかず、歯垢が溜まってしまっているという人もいるので、専門家の指導を受けた上で毎日の歯磨きを行うことが重要になってきます。次に、もし歯垢が溜まって、それが歯石となってしまった場合は、通常の歯磨きでは取り除くことが困難になってしまいますから、歯科医院でスケーリングというものを行います。これは、主に超音波の振動を与えることによって、歯石を砕いていくことになります。この歯石の除去を行うことによって、歯周病の進行を防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *