歯周病治療後のメンテナンス

歯周病治療が終了して。

状態が改善した後も引き続きメンテナンスをしていく必要があります。このメンテナンスとは、歯の健康状態を維持していくために定期的な治療をしていくことを言います。そこで、メンテナンスでは何をするのかというと、自分で行うプラークコントロールのアドバイスをしたり、落とし切れていないプラークを除去したりします。プラークは歯周病の原因の元ですが、いくら自宅でブラッシングをしてもどうしても残ってしまうことがあります。

そこで、メンテナンスの時に、プラークが歯石になる前に取り除くことによって、歯周病を予防することができます。歯周病治療後のメンテナンスの間隔としては、重度の歯周病の場合は毎月行った方がよいとされています。また、糖尿病や骨粗しょう症などにより歯周病になっている人、薬の影響で歯茎の状態が悪い人、プラークコントロールがうまくできていない人は毎月メンテナンスを行った方がよいとされています。

もし、歯周ポケットが3ミリ程度で、自分でプラークコントロールができる人であれば、3か月から4か月程度の間隔で歯周病治療のメンテナンスでも状態を維持していくことができます。さらに、歯周ポケットが1ミリから2ミリ程度であり、自分でプラークコントロールができる人であれば、半年に一回でも大丈夫な人もいます。これらのかなり個人差がありますから、歯科医院の指導の元メンテナンスの間隔も決めていくということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *