早期に歯周病治療を行う重要性

歯周病とは、食べカスなどに細菌が繁殖し、毒素が歯茎やその周辺にさまざまな影響を与えてしまう病気です。

歯周病は徐々に進行するため、早い段階で治療を行うことが大切です。健康な歯は、歯と歯茎の間に1~2mm程の隙間があいていますが、歯垢がたまった状態を放置してしまうと、歯茎に炎症が起きて2~3mmの隙間があき、歯肉炎を起こしてしまいます。次に炎症がひどくなると歯周病菌が歯周組織に進入し、軽度の歯周炎をおこします。さらに炎症が拡大すると隙間が4~7mmとなり中度の歯周炎となります。この状態では歯槽骨も半分近くまで破壊が進むため、歯がぐらつきはじめます。

さらに進行すると重度の歯周炎となり、歯がぐらぐらになってしまいます。早期の歯周病では、歯茎に腫れや出血、口臭といった症状が起こるだけですが、重度になってしまうと歯を支える骨が溶けてしまうため、歯が抜けてしまうことがあるので、できるだけ早く治療を行うことが大切です。早期の歯周病治療は、歯磨き指導を行います。正しく磨ける人は意外と少なく、磨き残しがないかどうかをチェックします。また歯石がついている場合には、超音波などを使って歯石を破壊し、除去していきます。

歯周外科による歯周病治療は、麻酔をして歯茎を開き、深い場所にある歯石を取り、歯周ポケットを減らして清掃しやすい環境を整えます。また歯の詰め物の間に細菌がたまってしまい、炎症がなくならなかったり再発を繰り返す場合には、やり直しを行います。そのほかにも、噛み合わせが原因で歯槽骨に影響を与える場合もあるので、噛み合わせのチェックを行って調整を行います。進行してしまった歯周病の場合には、抜歯をすることもありますし、糖尿病などの疾患が歯周病を悪化させることもあるので、できるだけ早く歯周病治療を行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *